蜂退治はプロの業者にお任せ【危険生物駆除作戦決行】

蜂による被害の急増

スズメバチなど大型のハチは注意

虫

スズメバチの被害がここ最近急増している、と話題になっています。これは、都市開発によって、自然の残された場所に人間の生活が広がっていったことで、蜂と交わる機会が多くなってことが原因と考えられています。そのため、どうしても蜂の被害が跡を絶たなくなってしまっているのです。こういったスズメバチをはじめとした大型の蜂の被害を避けるためには、早目の対処が効果的です。蜂はたいていの場合、春から活動を始めて、夏から秋にかけて大きな巣を作り始めます。この頃から凶暴性も増してくるため、その前の小さな巣で、凶暴性も低いときに退治することが重要なのです。天井裏につながるような隙間があれば、事前に塞いでおくことも予防として効果があります。

困った時は専門業者に依頼

家の近くにスズメバチが巣を作ってしまった場合、簡単に除去できる場所であれば、市役所などで借りることのできる防護服などを利用して除去、退治することもできます。しかし、その巣が大きくなってから発見した場合や、屋根裏の手の届かないような場所に巣を作ってしまった場合には、素人には手が出せない場合があります。そういったとき、下手に退治をしようとすると、スズメバチに襲われ、生命の危険が及ぶ場合もあります。ですから、こういった場合には、早めに蜂退治を専門に行っている業者に連絡することが重要です。こういった業者を探すには、最近ではインターネットでも簡単に探せるようになっており、まずは見積りをすることで対処ができます。