蜂退治はプロの業者にお任せ【危険生物駆除作戦決行】

早めに駆除対策をする

ハチの特性を知っておこう

虫

最近、人間に危害を加えることの多い蜂は、キイロスズメバチです。この蜂はスズメバチの仲間ですが、スズメバチと比較すると、大きさはやや小さく、黄色味を帯びていることから区別がつきます。スズメバチよりもさらに攻撃的であり、巣に近づく敵に対しては激しく攻撃を加えてきます。特に、夏場よりも、さらに秋が深まってきた時にその傾向が強まります。特に、種の存続にかかわってくる、来季の女王蜂を育てているときには、働きバチは自分の身を顧みず、攻撃をしてきますので、近づかないに越したことはありません。ですから、巣が大きくなる前に、除去するなどの策を打ち、できる限り危険な時期に関わらなくてよいように、早めに退治しておくことがポイントになります。

蜂の被害にあわないために

スズメバチの仲間をできるだけ早く退治することで、危険を回避することが重要ですが、どこに巣があるか気が付かないうちに大きくなってしまうこともあります。そういった時には、むやみに近づかず、解決策を探る必要があります。比較的低い位置で周りに障害物がない場合には、しっかりとした足場を確保できるのであれば、防護服を着用することで退治することは可能です。各自治体では防護服を用意して、無料で貸し出しをしているところもあり、相談することで解決する場合もあります。しかし、蜂の巣が大きく、物陰を利用している場合には、簡単にはいきません。そういった時には迷わず、蜂退治の専門業者に依頼することです。蜂は危険であることをしっかりと認識しておくことが重要です。